こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 年齢的に今のうちから妊娠しやすい体質に整えておきたい

  • 妊活をしているのに、なかなか妊娠できない

  • 病院に行ったけれど、特に原因なし/原因不明と言われた

  • タイミング法を試しているけれど、うまくいかない

  • 体外受精の成功率を上げるために、何かできることをしたい

しあなたもそうであれば、鍼灸治療をお試しください。鍼灸なら、体を根本から健康体へと変えていくことで、妊娠しやすい体質に整えていくことができるからです。

今、原因不明の不妊が増えています!
SOCIAL PROBLEM

年齢が上がるほど妊娠確率が下がるのは事実です。ですが最近は、20代後半でもなかなか妊娠できない夫婦が増えています。しかも、不妊治療の専門病院に行っても「原因不明」と診断されてしまうのです。

ではいったい何が未妊の原因なのでしょうか?それは、卵子や精子の質です。

もっと言うと、卵子や精子を作る、母体となるカラダの機能低下です。現代人は、仕事や家庭でのストレスが強かったり、生活習慣や食習慣が乱れていたり、運動不足や睡眠不足だったりするせいで、知らず知らずのうちにカラダが弱っているのです。

動物や人間は、カラダが衰弱してくると生命維持に直接関わらない生殖器から弱まっていくことが知られています。そのため、生殖器だけではなく、全身の健康度を高めていくことが、ひいては妊娠力を高めることに繋がるのです。

動物や人間は、カラダが衰弱してくると生命維持に直接関わらない生殖器から弱まっていくことが知られています。

そのため、生殖器だけではなく、全身の健康度を高めていくことが、ひいては妊娠力を高めることに繋がるのです。

HARISH自由が丘院

​東京都目黒区自由が丘1-14-2

​サンアップ自由が丘405

​📞080-7150-0398

line 予約.jpg

中国鍼灸体験

​体質改善・妊活コース

​ネット予約口コミ

コメント 2020-05-06 174640.png
コメント 2020-05-06 112317.png
​➺妊娠力が落ちているカラダに出やすい症状
  • 冷え性、むくみ

  • 便秘、下痢

  • 不眠症

  • イライラ、落ち込み

  • 強い生理痛、月経不順

  • 首・肩のこり

  • ホルモン値の乱れ(FSH、E2、LHなど)

  • 子宮内膜の薄さなど

上記のような症状は「病気」ではありません。ですから、病院では対策のしようがありません。とは言え、これらの症状は妊娠を妨げる障害になるものです。そんな時こそ鍼灸の出番なのです!

学会・論文でも発表されている不妊鍼灸の実力
RESEARCH PAPER
➺不妊鍼灸で24.6%が妊娠
​➺不妊鍼灸で43%が妊娠
​➺不妊鍼灸で65%が妊娠

不妊治療を2年以上、体外受精なども3回以上行ったのに妊娠できなかった女性(平均年齢34.7歳)57人に対し、6ヶ月以上の鍼灸治療を行った結果、24.6%が妊娠。

(2001年全日本鍼灸学会での報告より)

  • 子宮内膜の厚さが基準値に改善:31人(54.4%)

  • 体外受精による妊娠:14人(24.6%)

体外受精を5回以上行っても妊娠できなかった女性114人に、週に1~2回鍼治療を行った結果、43%が妊娠。

(2006年日本生殖医学会での報告より)

  • 自然妊娠:4人(3.5%)

  • 体外受精による妊娠:45人(39.5%)

1,336人の不妊治療中の女性に対し、体外受精と鍼灸治療を同時に受けさせた結果、65%が妊娠した。

(2008年イギリスの医師会誌での報告より)

日本産婦人科学会2010の資料によると、体外受精により赤ちゃんを授かる確率は35歳で16.3%(20代を含めた全年齢では1回平均20~30%)と報告されています。そのため、鍼灸治療を併用することで、妊娠率が上がることが医学的にも証明されています。

鍼灸治療がもたらす3つの作用
3 EFFECTS
1.自律神経とホルモン分泌の改善

自律神経と内分泌系(ホルモン分泌)は、それぞれ脳の視床下部によって支配されています。ストレスがかかると自律神経が乱れ、それによってホルモン分泌も乱れてしまう、といった相互に影響しあう関係にあります。

鍼灸治療では鍼やお灸の刺激によって自律神経の乱れを整え、妊娠ホルモンの分泌を正常値に導いていきます。

2.子宮の血流改善

手足の冷えや背中の張りといった血行不良があると、子宮に十分な酸素と栄養素が届きづらくなります。すると、妊娠高血圧症(妊娠中毒症)や胎盤剥離、胎児の発育不全などのリスクが高まります。

当院では、全身の冷えやコリの解消に加えて、三陰交(さんいんこう)や太渓(たいけい)といったツボ刺激により、脛骨神経から骨盤内臓神経に働きかけ、子宮の血流を改善していきます。

3.栄養状態の改善

カフェインや食品添加物、化学調味料などの過剰摂取は、胃腸の働きを弱めます。胃腸の働きが弱まると、外から栄養素を取り込みにくくなるため、子宮にも十分な栄養素が届きづらくなります。

当院では、三陰交などのツボ刺激や食事指導などを通じて胃腸の調子を整え、新たな命を育むために必要な栄養素が、十分母体に吸収・蓄積されるようにしていきます。

東洋医学における不妊の原因

➺女性の不妊・不育の機能的主な原因

○生殖器官の機能不全

 卵管の異常(卵管が癒着・閉塞し卵子の排出困難)
 子宮の異常(子宮筋腫・先天性奇形・子宮腺筋症などの障害で受精卵の着床困難)
 子宮内膜症(子宮内膜組織が子宮以外に増殖し卵巣や卵管に及び不妊症を招く)

 

○内分泌の機能不全

 卵巣機能不全(排卵調整を司る脳下垂体・間脳などの不全による無月経・無排卵周期症による不妊症)
 黄体機能不全(黄体ホルモンの分泌不足に不妊症)

 

※機能的に自然妊娠に難があり、産婦人科で妊娠治療(人工授精・体外受精など)をされて
 いる方が鍼灸治療を併用することで妊娠率が上がることが実証されています。

➺中医学による女性不妊・不育の要因

○脾腎陽虚(体温調整不全)

脾腎陽虚による不妊症には:

  • 生理周期が後期となり、経血量が少ない 

  • 基礎体温の高潮が不明確 

  • 下半身(足腰)の慢性的冷え(冷え症)

  • 日中にも小用の回数が多く特に夜間頻尿

  • 気温の変化に敏感で過剰反応(寒さに弱い)

等の症状が顕著で、加えて食欲不振・下痢・軟便などの症状が現れる場合があります。

 

生理周期が後期で経血量が少ないと子宮粘膜の湿潤状態が低下し、卵子と精子の結合が困難となり不妊症に至ります。従って施術は暖宮、つまり子宮を温める施術を行います。

○肝腎陰虚(水分調整不全)

 肝腎陰虚による不妊症の生理の特徴は:

  • 生理周期が短い

  • 経血量は少なく、経血色が濃い

 

手足や顔が熱り(冷えのぼせ)、このような症状は肝血不足・腎陰不足によるもので、子宮粘膜の潤い不足を招き、子宮組織全体が柔軟性を失い受精卵の着床に支障をきたし、このような症状は多くの不妊症の方に見受けられます。

○肝陽上亢(生体の歪)

体質的なものではなく、寒冷・外傷・精神的ショックなどによって起こる精神的緊張や生体内の非特異的防衛反応、いわえるストレスが原因で不妊症を招きます。

 

肝陽上亢による一般的症状は:

  • 日常的に不安感を抱き、イライラする

  • 赤ら顔で熱りのぼせ、更年期のような症状 ・眼球が充血し、めまいや耳鳴りがする場合もある

  • 生理痛がひどく、周期は短く、初期は経血量が多く症状の進行により少量となり、不定周期となる

 

精神的ストレスによる亢肝血不足・腎陰不足は子宮粘膜の潤い不足を招き、子宮組織全体が柔軟性を失い受精卵の着床が困難となります。従って子宮の抱く熱気を沈静させ、子宮に潤いをもたらす施術を行います。

○肥満 肥満症が不妊の原因となる場合があります。

肥満による不妊・不育の方の生理:

  • 周期が遅く

  • 経血量が少なく

  • 経血は粘性で色が濃い これは子宮が健康な状態でないことの現れで、受精支障・受精卵の着床困難を起こし不妊症となります。

実際の患者さまの声
TESTIMONIALS
​➺不妊鍼灸で65%が妊娠

結婚2年半、早くから病院に行きましたが二人とも原因無しと言われました。タイミング療法など色々やったものの毎月ダメで、自分が凹んだり泣いたりしているのを、旦那さんが優しく気遣ってくれるのが申し訳なくて辛かったです。

体外授精を決めた時に、どうせお金をかけてやるなら体ももっと良くしておきたいと思い、不妊鍼灸を専門にやっていたこちらに通うことに決めました。ただ美容鍼は知っていたものの、それ以外は全く鍼灸について無知だったので、色々疑問や不安はありました。

鍼をやり始めてから、基礎体温が35度台だったのが36.2度にあがりました。冬場は足の冷えが特にひどかったのですが、旦那さんも分かるほど冷えが解消されました。それから、子宮内膜が前回秋に測った時は7mm台で1mm近く薄かったんですが、今回は11mmもあって、ドクターが思わず笑っていました。そんな風に自分でも体の変化を実感できていたので、期待できて続けることができました。おかげで無事妊娠することもできました。

鍼灸が不安な方でも騙されたと思って一度来てみてほしいですし、痛いのがダメな人でもそんなに痛くないから大丈夫だよって、自分が経験したことを伝えてあげたいです。

line 予約.jpg
​レディース鍼灸・HARISH
経絡リンパ・ベラミ
​☎ 080-7150-0398
​診療時間

〒152-0035

東京都目黒区自由が丘1丁目14-2

サンアップ自由が丘 405号室

平日 10:00~20:00

土日祝日 10:00~17:00

定休日  不定休

​完全予約制

Follow us for more updates

​お問い合わせ

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page

​お問い合わせ

 

​レディース鍼灸HARISH 

since 2013